夜行バス東京・福岡

夜行バスの安全対策は?

高速

夜行バスって缶詰?きゅうくつ?マイナスが多い夜行バス、安全度ってどうなの?

 

夜行バス、と聞くとみなさんはどういったイメージを持たれるでしょうか?

 

 

たとえば長時間バスの車内に缶詰め状態だとか、狭くていろんな人がいるとか、ちょっとマイナスなイメージを持っている…
という方が非常に多いのではないでしょうか?

 

確かに、以前の夜行バスといえばこういったイメージのままというものが多く、そのほかにもリーズナブルな料金を目指すために運転手が休む暇もなく運転し続けた結果、事故を起こす…
ということもありました。

 

 

夜行バスといえば新幹線や飛行機などと比べても非常に格安料金で利用できることで知られていますが、その実現のために運転手の休息が犠牲となっている現実もありました。

 

そのためゴールデンウイークなどの繁忙期には、全国のニュースで高速道路でのバス事故を見かけるといったことが多くなっていたんですね。

 

 

そこで、各バス会社は安全性に関してさまざまな取り組みをするようになったんです。

 

 

超長距離でも運転手2名&安全性に優れたバス会社なら安心◎

 

やはり安全性というのは、このバス会社だけに限らず食品・コスメなど何に関しても多くの方が敏感になっています。

 

安全性に優れた商品は安心を呼び、そこから人気が広がっていくものです。

 

 

夜行バスも同じように、安全度の高い運行実績を誇っているバス会社であれば自然と利用客も増えていくというものです。

 

 

現在では、たとえば福岡〜東京便などの超長距離と呼ばれる夜行バス路線の場合、運転手が2名体制で乗車するということが決められています。

 

これならひとりが眠気に襲われたり体調が悪くなったとしても、運転手がバトンタッチするため安心して乗っていられるというわけなんです。

おすすめ夜行バスはこちら!


 
夜行バス疲れない? おトイレ大丈夫? 予約の仕方は? 安いバスは? おすすめバス!